ホテルサンバレー那須 那須の温泉・ホテル宿泊

空室検索



泊数 
部屋数 

大人 小学生 3歳~小学生未満
0~2歳

 ~        

湯遊天国・アクアヴィーナス サンバレーと言えば!!
湯遊天国 アクアヴィーナス
自然に囲まれた、温泉ゾーンの多彩なお風呂の中には「硫黄泉」「弱アルカリ泉」「マグネシウム泉」と3種の温泉成分を含んだお風呂がございます。

温泉の他にも塩サウナ、ドライサウナやミストサウナと、サウナの種類も豊富に揃えております。
ジャグジーバスを中心に、寝湯やアクアポット(洞窟風呂)、シェイプアップバスやエステバスなどおもしろ楽しい温水プール。家族や友人・恋人同士、大人から子どもまで存分に遊べるプールは、なんと22種類。

その他の温泉

湯処ひのき 森の湯 露天風呂
贅沢な総檜造り露天風呂
建物全体を檜で造った贅沢な大露天風呂。
良質のお湯と天然の檜の香りでリラックス効果抜群です。
泉質は体の芯から温まる硫黄泉で、露天風呂はぬるめと熱めの湯船をご用意。お好みや体調に合わせてご利用ください。
2種類の泉質で安らぐ
2種類の泉質を楽しめる露天風呂。
弱アルカリ泉はお肌がつるつるになり、硫黄泉は体の芯からポカポカ温まり、冷え性などに効果的。
自然に身をゆだね、ゆったりとした時間を過ごせるスペースです。
心地よい音とともに楽しむ露天風呂
薄い緑色の湯が心地よい音とともに流れ出す山荘の源泉風呂では、窓から映りこむ深緑の影や、流れるお湯の音に疲れた体を癒されます。
※山荘は繁忙期間のみの営業となります。

アロマサロンのお得なキャンペーン情報は<こちら>
アロマセラピストのブログは<こちら>

営業時間
13:00~22:00(最終受付 21:00)
※ご予約優先となりますので、事前のご予約をお願いいたします。
TEL:0287-76-3800

営業時間
平日/14:00~23:00 土日・祝祭日/10:00~23:00
※ご予約優先となりますので、事前のご予約をお願いいたします。
TEL:0287-76-3800

3つの源泉と効能

硫黄泉「那須温泉」

使用施設:湯遊天国、フォレストヴィラ、オリエンタルガーデン

源泉名 那須温泉
湧出地 栃木県那須郡那須町湯本地先苦土川筋ほか
泉質 単純硫黄温泉(硫化水素型・弱酸性低張性高温泉)
湧出地における試験成績 試験日 平成12年7月13日
泉温 59.4度
pH値 5.6

マグネシウム泉「平成の湯」

使用施設:湯遊天国、山荘(期間限定営業)

源泉名 平成の湯
湧出地 栃木県那須郡那須町湯本399-7
泉質 中性低張性温泉
湧出地における試験成績 試験日 平成10年12月16日
泉温 36.1度
pH値 7.2

弱アルカリ泉「新那須の湯」

使用施設:湯遊天国、アクアヴィーナス内風呂、フォレストヴィラ

源泉名 新那須の湯
湧出地 栃木県那須郡那須町湯本新林378-9
泉質 ナトリウム-塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
湧出地における試験成績 試験日 平成17年11月2日
泉温 80.7度
pH値 7.6

浴用の禁忌症および適応症

禁忌症
共通 急性疾患、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血症疾患、高度の貧血、そのほか一般に病勢進行中の疾患、皮膚粘膜の敏感な人、高齢者の皮膚乾燥症
硫黄泉(那須温泉) 皮膚粘膜の敏感な人。特に光線過敏症の人
マグネシウム泉(平成の湯) 泉別禁忌症は特になし
弱アルカリ泉(新那須の湯) 泉別禁忌症は特になし
適応症
共通 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、高血圧症、動脈硬化症
硫黄泉(那須温泉) リウマチ性疾患、慢性中毒症、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症
マグネシウム泉(平成の湯) 糖尿病、高血圧症、動脈硬化症
弱アルカリ泉(新那須の湯) やけど、虚弱児童
温泉療養上の注意
・温泉療養を始める場合は、最初の数日の入浴回数を1日当たり1回程度とすること。その後は1日当たり2~3回までとすること。
・温泉療養のための必要期間は、おおむね2~3週間が適当とすること。
・温泉療養開始後、おおむね3日ないし1週間前後に湯あたり(湯さわりまたは浴湯反応)が現れることがある。「湯あたり」の間は、入浴回数を減じ又は入浴を中止し、湯あたり症状の回復を待つこと。
その他の注意 ・入浴時間は、入浴温度により異なるが、はじめは3分ないし10分程度とし、慣れるに従って延長してもよい。
・入浴中は、運動浴の場合は別として一般には安静を守る。
・入浴後は、身体に付着した温泉の成分を水で洗い流さない(湯だたれを起こしやすい人は逆に浴後真水で身体を洗うか、温泉成分を拭き取るのがよい)。
・入浴後は湯冷めに注意して一定時間の安静を守る。
・次の疾患については、原則として高温浴(42度以上)を禁忌とする。
 ①高度の動脈硬化症 ②高血圧症 ③心臓病
・熱い温泉に急に入るとめまい等を起こすことがあるので十分注意する。
・食事の直前・直後の入浴は避けることが望ましい。
・飲酒しての入浴は特に注意する。

温泉の取り扱いについて

加水加温、循環ろ過装置について
対象施設 湯遊天国、アクアヴィーナス内湯、フォレストヴィラ、オリエンタルガーデン
加温の理由 適温を保つこと及び衛生管理のために加温しています
加水の理由 高温時の温度調整のため加水することがあります
循環装置の理由 温泉資源の保護と衛生管理のため使用しています
消毒処理の理由 アクアヴィーナス内風呂(弱アルカリ泉)、湯遊天国(硫黄泉、マグネシウム泉)については、 栃木県公衆浴場条例に基づく衛生管理のため塩素系薬剤を使用し、消毒処理を行っています。
山荘の温泉について 源泉が低温のため、加温しております。また、高温になった場合は温度調整のため加水することがあります。
  • 宿泊プラン一覧
  • 空室カレンダー
  • ページトップ